消費者庁 健康食品広告ネット監視150事業者(152商品)の表示に改善要請(消費者庁: 2020年10月~2020年12月)

2009年度より継続実施されている、消費者庁による健康食品等の虚偽・誇大表示のインターネット監視。
2020年10月~2020年12月の結果が2021年3月5日に公表されました。

ネット監視の方法は、ロボット型全文検索システムを用いて、キーワードによる無作為検索の上、検索されたサイトを目視により確認するというもの。

今回の監視では150事業者(152商品)の表示について、健康増進法に違反するおそれのある文言等を含む表示があったとして、消費者庁がこれらの事業者に対し、表示の適正化を求めるとともに、ショッピングモール運営事業者へも協力を要請しています。
※2021年3月1日現在、改善要請件数と改善件数の差となる1事業者(1商品)については、現在改善中。

—–
インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について
(2020年10月~12月)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/extravagant_advertisement/assets/extravagant_advertisement_210305_0001.pdf
——-

気になる検索キーワードを確認しましょう。


●注目検索キーワードは「インフルエンザ」、「免疫力」、「肌荒れ」
今回(2020年10月~2020年12月)の検索キーワードは、以下の3テーマとなっています。

・「がん」、「生活習慣病」、「インフルエンザ」、「風邪」等の疾病の治療又は予防を目的とする効果があるかのような表現

・「免疫力」、「冷え性」等の身体の組織機能の一般的増強、増進を主たる目的とする効果があるかのような表現

・「肌荒れ」、「ダイエット」等の身体を美化し、魅力を増し、容ぼうを変える効果があるかのような表現   等

健康食品ネット監視_2020年10-12

商品区分別では、「いわゆる健康食品」が110商品、「飲料等」が23商品、「加工食品」が18商品、「生鮮食品」が1商品でした。

【今回、適正化を要請された表示例(一部)】

今回のネット監視の検索キーワードでは、「コロナウイルス」が外れましたが、「インフルエンザ」、「風邪」といった季節性のワードが入っています。「免疫力」は前回(2020年7月~2020年9月)、前々回(2020年4月~2020年6月)から引き続き、「ダイエット」は通年登場しています。
また、新たなキーワードに「肌荒れ」が登場しています。

「免疫力」に関しては、3月9日に消費者庁からマクロフューチャー(株)に対し、販売するサプリメントの含有成分(LPS)が免疫細胞のマクロファージを活性化し免疫力が高まり、疾病の治療又は予防の効果が得られるかのように示す表示について、景表法の措置命令が出ています。

・LPSサプリ、免疫力アップでウィルス対策。マクロフューチャーに景表法措置命令。同梱チラシも注意 (消費者庁 2021年3月9日)

9月に公表された令和3年度の消費者庁の予算概算要求では、AI・IT 技術を活用した法執行として、AI によるインターネット上の不当表示監視事業が新しく盛り込まれました。
これまでのネット監視の方法は、ロボット型全文検索システムを用いて、キーワードによる無作為検索の上、検索されたサイトを目視により確認するというものですが、今後、AIの活用によって更に効率化・迅速化が図られ、監視が強まることは必至です。

虚偽・誇大広告規制の判断基準とされているガイドライン「健康食品に関する景品表示法及び健康増進法上の留意事項について」(令和2年4月1日一部改正 消費者庁)をしっかりチェックしておきましょう。

●健康⾷品に関する景品表⽰法及び健康増進法上の留意事項について(要約版)
(パンフレット:消費者庁)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/160630premiums_9.pdf

●健康食品に関する景品表示法及び健康増進法上の留意事項について
(令和2年4月1日一部改正 消費者庁)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/extravagant_advertisement/pdf/extravagant_advertisement_200331_0001.pdf

また、消費者啓発として健康食品に関するパンフレットやリーフレットを公表しています。
国の考え方を理解する上で、併せて確認しておくとよいでしょう。

健康食品Q&A(2017年10月 消費者庁)

健康食品5つの問題(2017年10月 消費者庁)

≪関連記事≫
・インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示の監視状況(消費者庁)
2020年7月~9月
2020年4月~6月
2020年1月~3月
2019年10月~12月
2019年7月~9月
2019年4月~6月
平成31年1月~3月
平成30年10月~12月
平成30年7月~9月
平成30年4月~6月
平成30年1月~3月

======================================
◆広告法務コンサルティング・社員教育◆
販促・広報戦略、商品表示・広告チェック社内体制構築等、
社外専門家としてのノウハウとサポート
詳細はこちら
======================================

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。

登録はこちら

————————————————————-

関連記事

  1. トクホ広告15%に違反の恐れあり。過半数が新聞広告 (日健栄協 第2回…

  2. 「八丁味噌」GI登録問題で考える、日本の農産品に対する海外でのブランド…

  3. 割賦販売法や資金決済法の適用外「後払い決済サービス」と通販定期購入トラ…

  4. 景表法課徴金と求められる自主返金対応

  5. 通販CMの約6割、視聴者限定価格訴求に注意(JADMA「平成27年度 …

  6. 通販広告規制強化見送り。消費者契約法と特定商取引法の行方 (2015年…

最近の記事

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。