作成者別アーカイブ: fides

(株)テックデザインにて【化粧品・医薬部外品の表示・広告規制と注意したい違反表現の見極め方】セミナー実施。

(株)テックデザインにて【化粧品・医薬部外品の表示・広告規制と注意したい違反表現の見極め方】― 広告の最新法規制のポイントと事例演習で学ぶ広告表現 ― セミナー実施いたしました。

過去セミナー・活動実績

セミナー・講演・連載などの活動履歴をご紹介しています。

セミナー:株式会社 テックデザイン

【化粧品・医薬部外品の表示・広告規制と注意したい違反表現の見極め方】
― 広告の最新法規制のポイントと事例演習で学ぶ広告表現 ― 

(2020年6月2日)
■セミナー概要:
Ⅰ.化粧品広告の法規制を理解する
1.比較で捉える景品表示法と医薬品医療機器等法の視点の違い
2.医薬品医療機器等法の基本を押さえる

Ⅱ.最近の違反事案から読み取る不当表示判断傾向と対策
1.景品表示法違反のリスク
2.ネットにおける様々な広告手法および法律上の問題点

Ⅲ.実際の広告事例で学ぶ広告表現
実際の広告事例を各自チェック+講師解説+質疑応答

Ⅳ.化粧品広告規制理解度チェック

セミナー:株式会社 情報機構

【危ない広告VS上手い広告 事例で学ぶ化粧品広告の注意点と対策】
~薬機法×景表法 最新法規制のポイント~

(2019年8月27日)
■セミナー概要:
Part1:化粧品広告の法規制を理解する
1)比較で捉える景品表示法と医薬品医療機器等法の視点の違い
2)医薬品医療機器等法の基本

Part2:最近の違反事案から読み取る不当表示判断傾向と対策
3)景品表示法違反のリスク
4)ネットにおける様々な広告手法および法律上の問題点

Part3:広告事例検討(演習)
5)どこが違う?危ない広告VS上手い広告

Part4:薬事広告規制理解度チェック

セミナー:株式会社 テックデザイン

【健康食品の表示・広告規制と注意したい違反表現の見極め方】
― 広告の最新法規制のポイントと事例演習で学ぶ広告表現 ― 

(2018年11月15日 / 2019年11月8日)
■セミナー概要:
Ⅰ.健康食品をめぐる規制動向と理解度チェック
1.一体的に運用される景品表示法と健康増進法。規制の最新動向は?
2.誤解しているかも。健康食品広告規制理解度チェック

Ⅱ.健康食品広告を取り巻く法規制を理解する
―比較で捉える「薬機法」「景品表示法」「健康増進法」―

1.広告表示規制の3分類
2.規制対象となる事業者・表示
3.健康保持増進効果とは
4.禁止される表示と違反要件

Ⅲ.事例で考える。不当表示につながりやすい広告表現
1.不実証広告規制と「合理的根拠」
2.特に注意したい表現・手法
3.ネットにおける様々な広告手法および法律上の問題点

Ⅳ.NG広告チェック演習
実際の広告事例を各自チェック+講師解説+質疑応答
健康食品広告規制の理解度チェック+講師解説

セミナー:株式会社 情報機構

【化粧品広告の最新法規制のポイントと 演習で学ぶ広告表現】
知識編・実践編 

(2018年8月28日・29日)
■セミナー概要:
《知識編》

Part1:化粧品広告の法規制を理解する
1)景品表示法と医薬品医療機器等法の視点の違い
2)医薬品医療機器等法の基本

Part2:最近の違反事案から読み取る不当表示判断傾向と対策
3)景品表示法違反のリスク
4)ネットにおける様々な広告手法および法律上の問題点

Part3:広告事例検討(演習)
5)どこが違う?危ない広告VS上手い広告
6)消費者目線で考える法に抵触しない広告表現へのアプローチ

Part4:薬事広告規制理解度チェック

《実践編》
Part1:化粧品広告をめぐる法規制動向
1)医薬品等適正広告基準平成29年改正変更点の概要
2)景品表示法運用状況及び広告監視動向
3)動きが活発な特定商取引法、消費者契約法

Part2:実践!実際の広告事例で考える適正広告表現へのアプローチ(事例演習&分析)
エイジングケア化粧品/美白化粧品

Part3:法令順守のその先へ。消費者目線でとらえる広告
コンプライアンス&マーケティングアプローチによる広告改善事例

取材記事掲載:週刊粧業(特集・広告コンプライアンスサービス)

(2018年8月20日)
化粧品 トイレタリー業界の専門紙、週刊粧業(特集・広告コンプライアンスサービス)のコーナーで、
広告法規の社内知識の標準化をサポートするコンプライアンスサービスについて取材掲載いただきました。

週刊粧業_広告コンプライアンス_20180820
※クリックすると拡大します。

講演:ダイレクトマーケティングワークショップ九州

「社会問題との関係性で捉える、ネット上の広告で注意すべき法規制
~薬機法、景表法を中心に~」

(2018年7月6日)
DMW九州_20180706

コメント掲載:アイスタイル様運営の美容業界専門メディア「BeautyTech.jp」記事

(化粧品のC2B2Cモデルに対する薬機法の影響)
(2018年2月27日)
株式会社アイスタイル様の運営する、美容業界のイノベーションを、テクノロジー、マーケティング、サイエンス、ビジネスなどの切り口で情報発信するメディア「BeautyTech.jp」内の記事『化粧品の可能性は? C2Cの間で信頼を担保するC2B2Cの現状』にて、当社代表取締役の久保京子が、化粧品のC2B2Cモデルに対する薬機法の影響についてコメントしました。

セミナー:株式会社テックデザイン

【健康食品の表示・広告規制と注意したい違反表現の見極め方】
― 「薬機法」「景品表示法」「健康増進法」を比較しながら理解する―

(2017年11月28日)
■セミナー概要:
Ⅰ.健康食品をめぐる規制動向と理解度チェック
1.一体的に運用される景品表示法と健康増進法。規制の最新動向は?

2.健康食品広告規制理解度チェック

Ⅱ.健康食品広告を取り巻く法規制を理解する
1.広告表示規制の3分類
2.規制対象となる事業者
3.規制対象となる表示
4.健康保持増進効果とは
5.禁止される表示と違反要件

Ⅲ.事例で考える。不当表示につながりやすい広告表現
1.不実証広告規制と「合理的根拠」

2.特に注意したい表現・手法

3.ネットにおける様々な広告手法および法律上の問題点

Ⅳ.NG広告チェック(事例演習)
実際の広告事例を各自チェック+講師解説+質疑応答
「健康食品広告規制の理解度チェック」の回答+講師解説

受講者企業と受講者の声はこちら

セミナー:株式会社インタースペース様

【記事広告制作の際に注意すべき広告規制 ~薬機法、景表法の法的責任~】 
(2017年11月13日)
株式会社インタースペース様主催のネイティブ広告活用セミナーとして、広告主様・メディア事業社様向けに薬機法セミナーを行いました。

■セミナー概要:
Ⅰ.これまでのネット広告問題と法規制の関係性

Ⅱ.メディア・広告類型別、不適切表示の法的責任

Ⅲ.事例考察(記事広告)

取材記事掲載:週刊粧業(特集・広告コンプライアンスサービス)

(2017年8月21日)
化粧品 トイレタリー業界の専門紙、週刊粧業(特集・広告コンプライアンスサービス)のコーナーで、
顧客の購買ニーズを掘り起こす、マーケティング視点での広告コンプライアンスサービス
について取材掲載いただきました。

週刊粧業(特集・広告コンプライアンスサービス)

週刊粧業(特集・広告コンプライアンスサービス)

※クリックすると拡大します。

コラム連載:農業経営支援ポータルサイト【アグリウェブ】

(2017年1月より執筆中)

農林中央金庫様の運営する農業経営の課題解決に役立つ知識や最新情報やコミュニティを提供する農業経営支援ポータルサイト『アグリウェブ』内の『顧客満足(CS)』にて、消費者目線で考えるこれからの食ビジネスのヒントを執筆しています。

セミナー: 株式会社テックデザイン【健康食品の広告・表示を規制する三法の要点と最新動向】
~「薬機法」「景品表示法」「健康増進法」を比較しながら理解する~

(2017年2月1日)

■セミナー概要:
Ⅰ.健康食品をめぐる規制動向と理解度チェック
1.一体的に運用される景品表示法と健康増進法。規制の最新動向は?

2.健康食品広告規制理解度チェック

Ⅱ.健康食品広告を取り巻く法規制を理解する
1.健康食品の分類と特徴

2.比較で捉える「薬機法」「景品表示法」「健康増進法」

Ⅲ.事例に学ぶ不当表示につながりやすい広告表現
1.不実証広告規制と「合理的根拠」

2.特に注意したい表現・手法

3.ネットにおける様々な広告手法および法律上の問題点

Ⅳ.NG広告チェック(事例演習)

セミナー: 株式会社情報機構 【危ない広告VS上手い広告 事例で学ぶ化粧品広告の注意点と対策】
~薬機法×景表法-グレーゾーンは本当にあるのか~

(2016年2月18日・6月14日)

■セミナー概要:
Part1:化粧品広告の法規制を理解する
1)比較で捉える景品表示法と医薬品医療機器等法の視点の違い
2)医薬品医療機器等法の基本を押さえる

Part2:最近の違反事案から読み取る不当表示判断傾向と対策
3)景品表示法の動向と注意点
4)ネットにおける様々な広告手法および法律上の問題点

Part3:実際の広告事例で学ぶ広告表現の可能性
5)どこが違う?危ない広告VS上手い広告
6)消費者目線で考える法に抵触しない広告表現へのアプローチ

Part4:薬事広告規制理解度チェック

総括:グレーゾーンは本当にあるのか?法令順守のその先へ。消費者目線でとらえる広告
情報機構201602a

セミナー: 株式会社テックデザイン
~研究/開発/品質管理 担当者のための~【化粧品・医薬部外品の正しい広告表示と法規制の基本】

(2016年1月13日)

■セミナー概要:
Ⅰ.化粧品広告を取り巻く法規制を知る
a.広告制作における景品表示法と医薬品医療機器等法の視点の違い

b.景品表示法と医薬品医療機器等法の基本を押さえる

Ⅱ.最近の違反事案から読み取る不当表示判断傾向と対策
a.景表法規制の動向と注意点

b.ネットにおける様々な広告手法および法律上の問題点

Ⅲ.広告コンプライアンスにおける技術部門の役割とは
a.景表法改正のポイントと事業者への影響

b.広告表示の適正管理のために、所属部署でどのような対処が考えられるか?(ワーク)

Ⅳ.法令順守のその先へ。消費者目線でとらえる広告
1452675682490

コメント掲載:産経新聞(通商新時代・TPPどう変わる日本)

(2015年11月7日)

産経新聞朝刊「通商新時代」のコーナーで、当社代表取締役の久保京子が、消費生活アドバイザーの立場からTPPによる輸入食品の関税撤廃の消費生活への影響について、コメントしました。
TPP2

講演:「農業×食×女子」のシンポジウム 【エシカルに食を考える集い】

(2015年9月28日)
「食」に関わる女性たちのネットワークづくりを推進するイベントに、久保が登壇しました。
農業への関わり、食の安全の取り組み、地域活性化に活きる女子の視点。
それぞれの事例や体験を発表していただきました。

第二部 「食の安全~カット野菜は食べてはいけないのか」
司会:久保京子様(株式会社フィデス 代表取締役)
パネリスト:鈴木一十三様(ローソン 営業戦略本部事業企画部部長)
林田瑞穂様(一般財団法人東京顕微鏡院)
20150928_農女1

取材記事掲載:週間粧業(特集・広告コンプライアンスサービス)

(2015年9月14日)

化粧品 トイレタリー業界の専門紙、週間粧業(特集・広告コンプライアンスサービス)のコーナーで、
広告表示法令チェックから社内広告管理体制まで、「消費者目線」の広告コンプライアンスサービス
について取材掲載いただきました。

週間粧業_20150914b

取材記事掲載:光文社 Mart 2015年10月号(最近気になるNEWSな言葉「GIマーク」)

(2015年8月28日)

20代~40代向けミセス雑誌、光文社刊「マート(Mart)」の、話題の言葉をとりあげて解説するコーナーで、
地理的表示保護制度「GIマーク」についての解説を取材掲載いただきました。
CCF20150828_00001

セミナー: 株式会社 情報機構 【化粧品に関する広告を取り巻く法律】

~ネット広告などの最新動向をふまえて~

(2015年8月20日)

■セミナー概要:
Part1:化粧品広告を取り巻く法規制環境
1)広告制作における景表法と医薬品医療機器等法の視点

2)景表法規制の動向と注意点

3)景表法改正のポイントと事業者のとるべき対応

Part2:化粧品広告戦略におけるコンプライアンス
4)媒体別広告特性と活用

5)景品表示法・薬事法に抵触しない表現へのアプローチ(事例)

講演:一般社団法人インターナショナル・バリューマネジメント協会(IVMA)
【5周年記念『農と食シンポジウム』】

(2015年5月7日)

「消費者主体の食品の機能性表示」

■講演概要:
1)機能性表示食品届出状況

2)機能性表示制度の概要

3)健康食品市場と消費者意識

3)消費者主体の健全な食品の機能性表示

講演: 誰でも夢に一歩近づく ガンバレ!さいたま創業セミナー/ちよだ創業セミナー

ベーシック・女性起業家コース: 「成功者に学ぶ創業」

女性起業家コース: 「先輩起業家の創業体験談」

(2014年9月6日、7日 10月4日)

平成26年度 地域創業促進支援事業

主催:協同組合さいたま総合研究所

e589b5e6a5ade382bbe3839fe3838ae383bce381a1e38288e381a0

講演:株式会社 大広 【大広創塾】

(2014年7月1日)

「法令遵守のその先へ。消費者目線で考える広告コンプライアンス」

■講演概要:
1)強まる広告法規制

◆最近の広告法規制トピックス
・景表法改正

・「いわゆる健康食品に関する景品表示法及び健康増進法上の留意事項について」

◆違反のビジネスリスク

◆最近話題となった違反事例

◆広がる規制対象事業者

2)広告コンプライアンスは消費者目線

3)法令遵守のその先へ。消費者目線の広告改善事例

コラム連載:公益社団法人 静岡県茶業会議所 『月刊「茶」』

(2014年1月より執筆中)

公益社団法人 静岡県茶業会議所発行の茶業界唯一の月刊誌『月刊「茶」』にて、『通信販売の活用術』と題するコラムを年間連載しています。

第一回 成長と競争著しいネット通販市場を知ろう (2014年1月号)

第二回 消費者のネット通販利用状況を知ろう (2014年2月号)

第三回 ネットショップ企画(1)目指せ!『ターゲット顧客にとってのオンリーワンショップ』 (2014年3月号)

第四回 ネットショップ企画(2)「ターゲット顧客分析」で、顧客目線のネットショップを企画する! (2014年4月号)

第五回 ネットショップ企画(3)ライバルの動向を把握し、自社の強みによる差別化と弱みを克服する!

(2014年5月号)

第六回 ネットショップ企画(4)「競合分析」調査を実際にやってみよう!(前半) (2014年6月号)

第七回 ネットショップ企画(5)「競合分析」調査を実際にやってみよう!(後半) (2014年7月号)

第八回 ネット通販商品戦略 ネットショップで買ってもらえる商品作りのポイントとは (2014年8月号)

第九回 ネットショップサイト構築 顧客を逃がすネットショップサイトにならないために(前編) (2014年9月号)

第十回 ネットショップサイト構築 顧客を逃がすネットショップサイトにならないために(後編) (2014年10月号)

取材記事掲載:週間粧業(特集・Webマーケティング支援)

(2013年9月20日)

化粧品 トイレタリー業界の専門紙、週間粧業(特集・Webマーケティング支援)のコーナーで、

ネット通販 ランディングページ広告評価・改善『顧客目線×プロ目線』他、

当社サービスについて取材掲載いただきました。

e980b1e99693e7b2a7e6a5ad_20130916w1

※クリックすると拡大します。

講演:日本ダイレクトマーケティング学会

サービス&リレーションシップ・マーケティング研究部会

(2013年7月26日)

「事例解説-消費者の納得、信頼を獲得する『ご利用ガイド』で

より良い関係性作りと企業価値の向上へ」

■講演概要:

・返品を防ぐ商品説明のポイント

・理解され、読まれるための返品・交換・キャンセル表示のポイント

・ご利用案内、購入手続き画面の弊社の改善事例

・ご利用案内、購入手続き画面のOK事例

・消費者に信頼されるパーソナルデータ取得手法

※「経済産業省 IT融合フォーラムパーソナルデータワーキンググループ報告書」より

講演:日本ダイレクトマーケティング学会 メディア・コミュニケーション戦略研究部会

(2013年4月23日)

「もしも『消費生活アドバイザー』がショップサイトを改善したら」

~「消費者目線」と「販売者目線」の違いについて~

中小ショップサイト改善事例をご紹介しながら、顔の見えないお客様へ、商品の魅力を的確に表現し、信頼とぬくもりを伝えるコミュニケーションについて発表。

講演: ダイレクトを基点にする会

「消費者トラブル傾向から見た、ショップサイト改善ポイント」

(2013年4月16日)

ダイレクトを基点にする会「消費者トラブル傾向から見た、ショップサイト改善ポイント」

■講演概要:

1. 顧客を逃すネットショップとは

2. 返品を防ぐ商品説明のポイント

3. 事例で考えるクレームを防ぐ返品特約表示

4. 返品・交換・キャンセル表示のポイント

講演:(株)アーチャー新社【小売店と生活者の対話研究会】

『インターネットと、ネットショップ・企業広告』セミナー

(2012年9月19日)

(株)アーチャー新社【小売店と生活者の対話研究会】『インターネットと、ネットショップ・企業広告』セミナー

消費材・食品・トイレタリーメーカーのマーケティング担当者様を対象にした研究会にて、『様々なネット広告手法と広告表示の法規制の「今」について』というテーマで講演。

コラム連載:通販通信『通販コラム』

(2012年4月より執筆中)

通販業界情報サイト『通販通信』内の『通販コラム』にて、業界コラムとして消費者目線でのネット通販運営に関する記事を執筆しています。

講演:(株)フィナンシャル・インスティチュート 【『本気で成功するネットショップ作り』セミナー】

(2012年2月9日)

フィナンシャル・インスティチュート【『本気で成功するネットショップ作り』セミナー】

 「生涯顧客化を目指す!顧客を逃がすショップ、リピートされるショップ」

をテーマに解説。

講演:専修大学エクステンションセンター HEIB(ヒーブ)講座2011

「消費生活アドバイザーという仕事について」

(2011年11月25日)

専修大学エクステンションセンター HEIB(ヒーブ)講座にて、消費生活アドバイザーの仕事と、その役割について紹介。

講演:ITCみやぎ・SAAJ東北・JISTA東北ワークショップ2011

- 被災地視点でITが出来ること -

「ネット通販における広告表示コンプライアンスと震災への取り組み」

(2011年10月22日)

ITコーディネータ、システム監査人、システムアナリストなど経営支援系のIT専門家向けワークショップにて、ネット通販業界の震災への取り組み及び、消費者目線で捉えるネット通販の法定表示や広告表現コンプライアンスの考え方について紹介。

講演:日本ダイレクトマーケティング学会 法務部会

「マーケティングコミュニケーションの視点で考える広告表示のコンプライアンス」

(2011年5月19日)

法律は消費者目線に対する国の基準であるという考えのもと、法定表示や広告表現についてコミュニ

ケーションの視点から提案。ネット通販事業者向けの情報発信ブログへのアクセス、問い合わせ傾向

から、通販事業者の問題意識についても説明。

>>資料はこちら

書籍掲載:『女性起業家・リーダー名鑑―108人の108以上の仕事』 (日本地域社会研究所)

(2010年10月28日)

当社代表取締役の久保京子が、「ネット通販のおもてなしアドバイザー」として掲載されました。

『女性起業家・リーダー名鑑―108人の108以上の仕事』

掲載ページ(P82~83) ※クリックすると拡大します。

『女性起業家・リーダー名鑑―108人の108以上の仕事』_久保京子

【書籍紹介】

女性起業家、企業のプロジェクトリーダー、セミナー・講演講師、各界で活躍する女性リーダーなど、

いろいろなものを創り、育て、売り出す、108人の女性エキスパートの生き方・働き方を紹介した本

です。

企画・編者の伊藤淳子氏(株式会社エイガアル 代表取締役社長)は、1998年より女性起業家&

働く女性を中心としたメーリングリスト「W-SOHO リーダーズリンク」を主宰しています。

●ご購入は こちら から

講演:江東区団体活性化セミナー「NPOのマーケティング戦略セミナー」

(2010年10月2日)

NPOのマーケティング戦略セミナー

  内外の関係者とのコミュニケーションを促進し、

つながる力を強めるための「Webマーケティング

ツール活用法」について解説。

講演:NBM研究会「お客様に選ばれるネットショップ作り」

(2010年8月25日)

消費者の購買動向から「顧客を逃がしてしまうネットショップ15のポイント」とその事例、実際の

ショップサイトによる「消費者目線NGクイズ お客様を逃がす問題表記を探せ!」などを解説。

原稿寄稿:日流eコマース「法律クリアの広告コピー講座」

(2010年4月22日~7月8日)

通信販売の業界新聞、日本流通産業新聞社の日流eコマース(4面)にて、薬事法に関する

新連載コラム「法律クリアの広告コピー講座」を執筆。

薬事法で規制される広告表記の解説だけに留まらず、消費者目線、マーケティング視点から、

法律をクリアしつつ魅力的な広告表現について提案。

>>第1回「機能性訴求以外の手法を模索してみよう」(2010.4.22)

>>第2回「雑貨であっても、薬事法には留意しよう」(2010.4.29、2010.5.6 合併号)

>>第3回「化粧成分の浸透を表現できるのは「角質層」まで」(2010.5.13)

>>第4回「“お客様の声”にも広告以上の規制が」(2010.5.20)

>>第5回「成分表示で訴求する効能効果 安全性にも注意を」(2010.5.27)

>>第6回「『テスト済み』だけでは安全性訴求はできない」(2010.6.17)

>>第7回「返品・返金保証の表記、安全性を保証してはダメ」(2010.6.24)

>>第8回「『美白効果』薬用化粧品で特定の効果ならOK」(2010.7.1)

>>第9回「薬事法規制を理解し効果効能は正しく表記を」(2010.7.8)

研修講師:福島県喜多方市 ICTインストラクター育成研修

「消費者目線で伝える食の安全・安心情報

~「安心」を感じて、選んでもらうための情報提供のあり方とは~」

(2010年5月22日)

食品の安全性への意識が高まる消費者に、「安心感」を伝えるための情報提供のあり方について、

食品の品質表示関連法規を中心に解説。

講演:東京ビズネット勉強会「消費者購買動向から探るショップ運営の課題と対策」

(2010年5月17日)

消費者の購買動向やショップサイトの重視基準などをもとに、「顧客を逃がしてしまうネットショップの

ポイント15」を解説。

>>資料はこちら

コメント掲載:協同組合連合会 日本専門店会連盟 「ホームページ改造講座」

(2009年12月24日)

日専連(※)が全国の小売商業者の会員向けに、セミナーや機関紙、サイトで情報提供を行っている、

ネットショップ改造講座で、12月1日施行の改正特定商取引法の返品特約についてアドバイスしました。

日専連HP掲載記事

>>ホームページ改造 (作戦16回目) 特定商取引法の改正

(※)日専連:

正式名称「協同組合連合会 日本専門店会連盟」全国の小売商業者の会員組織

コメント掲載:日本流通産業新聞 「ここが知りたい」

(2009年11月5日)

通信販売の業界新聞、日本流通産業新聞(7面)「ここが知りたい」のコーナーで、当社代表取締役の

久保京子が、消費生活アドバイザーの立場から輸入商品の品質確認について、アドバイスしました。

>>新聞記事はこちら

セミナー・イベントお申し込みフォーム

セミナーへのお申し込みは、こちらからお願いいたします 。

※[必須]の項目は必ずご記入ください

※お問合せを受け付けた旨の確認メールが、ご記入いただいたメールアドレス宛に届きます。
万が一届かない場合は、ご入力いただいたメールアドレスに送信できないトラブルの可能性がございますので、お電話にてご連絡差し上げます。

ご入力いただいた情報は、弊社プライバシーポリシーに則って取り扱いいたします。

お電話でのお問い合わせ
03-6364-0223(受付時間 平日9:00~17:00)

タイトルタイトルタイトル
会社名 [必須]
部署名 [必須]
お役職 [必須]
お名前 [必須]
メールアドレス [必須]
本開催情報をどちらからお知りになりましたか? [必須]
ご参加理由・ご要望・ご質問等お聞かせください。

開催概要

タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル

説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります説明文が入ります

開催概要
日時 2014年●月●日
定員 限定30名※満員になり次第締切り
対象 BtoBマーケティングご担当者様
参加費 無料
会場 ●●セミナールーム
アクセス 山手線〜〜〜〜
お知らせ 文章が入ります
文章が入ります
地図
お申込み方法 下のボタンからお申込みフォームへご入力ください。
プログラム

1部〜〜〜
テキストテキスト
2部〜〜〜
テキストテキスト

関連URL

URL

セミナーお問い合わせ先

お問い合わせ先

医薬品医療機器等法(旧薬事法)に精通したライターを。

【こんなニーズをお持ちの方に】
薬事その他にからむ健康食品や化粧品を商材とした広告物制作で、クライアント様より広告表現コンプライアンスを求められるが、医薬品医療機器等法(旧薬事法)に精通したライターがいない。
クライアント様からのチェック戻しが多く、制作工程に響き困っている。

フィデスの提案サービス

広告の監修から、リライト、ライティングまでお任せいただきます。状況に応じてフレキシブルにサポートいたします。

サービスメニュー

カタログ同封チラシの商材の表示・広告チェックを。

【こんなニーズをお持ちの方に】
自社が発行する商品カタログに他社のチラシを同封しているが、広告に違反表示があった場合、当社も規制対象になる可能性がある。
広告依頼先を丁寧に指導・チェック代行してくれる会社を探しているのだが。

フィデスの提案サービス

医薬品医療機器等法(旧薬事法)や健康増進法では、カタログにおける同封チラシも規制対象として監視の目が強まっています。
大切なクライアント様と御社のリスクマネジメントとして、ぜひ、フィデスにご相談ください。
フィデスではチラシ等各種広告物の法律チェックを代行いたします。

サービスメニュー

出稿依頼される広告のコンプラインスチェックの外部委託先を。

【こんなニーズをお持ちの方に】
出稿依頼される薬事関連商材の広告のコンプラインスチェックが社内だけでは対応しきれない。
外部委託できるところを探している。

フィデスの提案サービス

頻繁なチェック業務にご利用しやすい「期間契約」にて承っています。
繁忙期、閑散期など、クライアント様の状況に合わせてフレキシブルに対応するオーダーメードコースもご用意しています。

サービスメニュー

クライアント様の広告のコンプライアンスチェックや相談を。

【こんなニーズをお持ちの方に】
これまで広告表示の法的な責任は販売事業者のみだと思っていたが、最近、広告媒体事業者、広告代理店も規制対象になると聞いた。
専門家として、クライアント様の広告制作のコンプライアンスチェックや相談にのってほしい。

フィデスの提案サービス

「いわゆる健康食品」の広告を規制する医薬品医療機器等法(旧薬事法)や健康増進法では、規制対象を「何人も」と規定しています。
つまり、「食品として販売する物に関して広告その他の表示をする者」であれば、食品の製造業者、販売業者等に限定されません。
例えば、新聞社、雑誌社、放送事業者等の広告媒体事業者、これら広告媒体事業者に対し広告の仲介・取次ぎをする広告代理店、プロモーションサービスプロパイダーも対象となります。大切なクライアント様と御社のリスクマネジメントとして、ぜひ、フィデスにご相談ください。
フィデスでは各種販促媒体(Web、紙、パッケージ等)の製作段階からの広告法務監修を承っています。

サービスメニュー