アフィリエイトに加えてインスタ投稿が違反対象表示に。アクガレージとアシストの豊胸サプリに景表法措置命令(消費者庁 2021年11月9日)

アフィリエイト広告に対する監視が強まる中、今回、アフィリエイト広告だけでなく、インスタグラムを違反対象とした初の景品表示法措置命令が出されました。

消費者庁は11月9日、通信販売会社の(株)アクガレージ(東京都豊島区、江波戸浩之社長)とアシスト(株)(東京都豊島区、見城有紀社長)に対し、豊胸効果を標ぼうするサプリメントに関する表示に不実証広告規制(※1)を用いた処分を行いました。

アフィリエイト広告に関しては、2021年3月にT.Sコーポレーションの男性用育毛剤のアフィリエイト広告に消費者庁による初の景表法措置命令が出され、6月にはアフィリエイト広告に対する景品表示法の適用などに関する考え方と、不当表示の防止に向けた取り組みを議論する「アフィリエイト広告等に関する検討会」(※2)も進められているところでの処分となっています。

・T.Sコーポレーション男性用育毛剤のアフィリエイト広告に、消費者庁による初の景表法措置命令 (消費者庁 2021年3月3日)

また、初の違反認定となったインスタグラム投稿については、個人の投稿であるはずが、なぜ、景表法の対象表示とみなされたのか、果たしてステマ行為が違反とみなされるのか、といったポイントを解説します。
SNSを活用したモニターキャンペーン等を検討する際の留意すべき事項をご確認ください。

———-
株式会社アクガレージ及びアシスト株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について (消費者庁 2021年11月9日)
https://www.caa.go.jp/notice/assets/representation_20211109_01.pdf
———

(※1)
不実証広告規制(7条2項)
消費者庁長官は、商品・サービスの内容(効果、性能)に関する表示についての優良誤認表示に該当するか否かを判断する必要がある場合に、期間を定めて、事業者に表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。

⇒ 事業者が資料を提出しない場合又は提出された資料が表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものと認められない場合は、当該表示は不当表示とみなされる。

(※2)
アフィリエイト広告等に関する検討会(消費者庁)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/meeting_materials/review_meeting_003/

次ページでは、違反概要を確認します。

1

2 3

関連記事

  1. EMS機器の通販、製造販売業者4社に景表法措置命令 痩身効果に不実証広…

  2. 亜塩素酸による除菌効果スプレー3社に景表法措置命令。根拠認められず(消…

  3. 「明日以降は〇〇円!」将来の販売価格を用いた二重価格表示に注意!ジュピ…

  4. 東電EPの不適切電話勧誘販売にみる委託先コールセンター管理の難しさと、…

  5. 東京都、大阪市のネット通販事業者の痩身・美肌等の不当な表示に景表法「指…

  6. コーナン商事 約千品目が最長3カ月の販売停止処分(電気用品安全法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。