中古自動車の景表法措置命令、昨年から6件目。「走行距離数」「修復歴」とおとり広告 (消費者庁:平成26年11月26日)

11月26日、消費者庁は福岡県の中古自動車販売事業者(株)ジャストライトに対し、Webサイトにおいて行った表示に、景品表示法違反の措置命令を行いました。

違反内容は、これまで同様「走行距離数」「販売期間」「修復歴」の表示での優良誤認やおとり広告での措置命令となっています。

———-
株式会社ジャストライトに対する景品表示法に基づく措置命令について
 (消費者庁 平成26年11月26日)
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/141126premiums_2.pdf
———

【違反内容】
≪走行距離数の過少表示(優良誤認)≫
対象商品:中古自動車27台
表示媒体:ウェブサイト「Goo-net」「カーセンサーnet」に開設した「アプローズVOXY専門店サイト」 (以下、「アプローズVOXY専門店サイト」という。)
表示期間:平成25年6月~平成26年2月
違反内容:
インストルメントパネルを交換した上で交換後の走行距離計が示す数値を記載することにより、あたかも、オートオークションからの仕入れ時に提示されるオークション「出品票等」に記載された走行距離数より過少に表示していた。

≪修復歴のあった中古自動車に係る表示(優良誤認)≫
対象商品:中古自動車9台
表示媒体:アプローズVOXY専門店サイト
表示期間:平成25年6月~平成26年1月
違反内容:
オークション「出品票等」に、車体の骨格部位が損傷するなどの修復歴を示す記号が記載され修復歴があるにもかかわらず、同サイト「修復歴」欄に「なし」又は「修復歴なし」と記載することにより、あたかも、当該中古自動車の車体の骨格部位に修復歴がないかのような表示をしていた。

≪取引に応じることができない中古自動車に係る表示(おとり広告告示第1号)≫
対象商品:中古自動車34台
表示媒体:アプローズVOXY専門店サイト
表示期間:平成25年6月~平成26年1月
表示期間よりも前に売買契約が成立しており、取引に応じることができないものであった。

中古自動車(ジャストライト)

全国の消費生活センター(PIO-NET)に寄せられる中古自動車に関する相談件数は年々増加しておりましたが、2012年度以降は横ばいとなっています。2014年度は10月末時点で3,693件(前年同期 3,850)となっています。(※)
中古自動車相談(2014.10)

繰り返しの処分となっている中古自動車の表示。
引き続き注意が必要です。

(※)
中古自動車(国民生活センター 2014年12月1日:更新)

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの更新情報を、ダイジェストでお届けしています。
登録はこちら
————————————————————

関連記事

  1. 健康食品の不実証広告規制による措置命令続く。豊胸効果サプリGLORIA…

  2. 「健幸生活研究社」アルトルイズムの黒髪効果サプリに景表法措置命令(消費…

  3. 痩身系健康茶、ティーライフ(株)に対し景表法措置命令。体験談広告の問題…

  4. イオンペット、トリミング・ホテルサービスの表示に景表法措置命令。イオン…

  5. 1社当たり商品数過過去最多 髙島屋オンラインストアの化粧品・雑貨147…

  6. 大手ゲーム会社ガンホー、グリーに景表法措置命令!各社のお詫び対応は?(…

コメント

最近の記事

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。