繊維製品の洗濯表示、国際規格に整合したJISが制定 (平成26年10月20日)

繊維製品の洗濯表示について、国際規格に整合したJISが制定されました。
衣料品を扱う事業者さんは、要チェックです。

≪今回のJIS制定のポイント≫
1)洗濯表示記号の種類が22種類から41種類に増えた。
⇒繊維製品の洗濯の取扱いに関するきめ細かな情報提供が可能となる。
2)洗濯表示記号が国内外で統一された。
⇒市場のグローバル化に対応した利便性向上。

———————————————————————————————–
繊維製品の洗濯表示に関するJISを制定
(平成26年10月20日 経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/2014/10/20141020002/20141020002-B.pdf
————————————————————————————————

≪規格制定の背景≫
1)1991年、洗濯表示に関する国際規格(ISO 3758(繊維-記号による取扱い表示コード)及びISO 6330(家庭洗濯と乾燥試験方法))制定。

2)国際規格には、我が国の洗濯習慣上必要な記号(自然乾燥表示)や、我が国で用いられている洗濯機(パルセータ型(縦型)洗濯機)に関する試験方法が規定されていなかったため、JIS の国際規格との整合がとれていなかった。

3)我が国から国際規格の改正提案し、2012年に提案が反映された国際規格が発行された。

4)JISの国際規格との整合化への環境が整備されたため、今回、以下6件のJISを制定。
——————————————————————————————–
・JIS L0001 繊維製品の取り扱いに関する表示記号及びその表示方法
・JIS L1930 繊維製品の家庭洗濯試験方法
・JIS L1931-1 繊維製品の商業クリーニング-第1部:記事および製品の評価方法
・JIS L1931-2 繊維製品の商業クリーニング-第2部:パークロロエチレンによるドライクリーニング試験方法
・JIS L1931-3 繊維製品の商業クリーニング-第3部:石油系溶剤によるドライクリーニング試験方法
・JIS L1931-4 繊維製品の商業クリーニング-第4部:ウエットクリーニング試験方法
——————————————————————————————–
洗濯表示JIS_1

≪今回制定した規格(JIS L0001)の現行JIS(JIS L027)からの主な変更点≫
1)洗濯表示記号が大きく変わる
基本記号及び基本記号と組み合わせて用いる付加記号とで構成される。

基本記号:
①洗濯処理記号、②漂白処理記号、③乾燥処理記号、④アイロン仕上げ処理記号、⑤商業クリーニング処理記号
洗濯表示JIS_2

付加記号:
⑥弱い処理記号、⑦非常に弱い処理記号、⑧処理温度記号、⑨処理・操作の禁止記号
洗濯表示JIS_3

2)洗濯表示記号の種類増加
現行JISの洗濯表示記号22種類から、今回制定されるJISでは41種類に。
酸素系漂白、ウエットクリーニング等に関する表示記号も追加されるなど、より詳細な情報を表示できるようになった。
洗濯表示JIS_4

詳細は表示記号対比表を参照:
JIS L0001(ISO3758)と JIS L0217 との表示記号に関する対比表

≪今後の予定≫
現行のJISは当分の間存続する。(現行のJIS(JIS L0217)を引用する他のJISが多数あるため)
家庭用品品質表示法(繊維製品品質表示規定)(※1)に新たに制定したJISが引用され、新たな洗濯表示記号が義務づけられる予定。(時期未定)

※1
家庭用品品質表示法とは、消費者が日常使用する家庭用品を対象に、商品の品質について事業者が表示すべき事項や表示方法を定めており、これにより消費者が商品の購入をする際に適切な情報提供を受けることができるように制定された法律。

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの情報を、ダイジェストでお届けしています。
登録はこちら
————————————————————

関連記事

  1. 繊維製品の新洗濯表示スタート2016年12月1日。繊維製品品質表示規程…

  2. 景品表示法の課徴金制度導入施行日、2016年4月1日に決定!パブコメ募…

  3. 健康食品の機能性表示制度検討会(消費者庁の機能性表示案のポイント 平成…

  4. 消費者契約法改正議論の行方。広告に詳細注意事項は必要か?(JADMA「…

  5. 加工食品の新たな原料原産地表示 食品製造業者の約5割が営業・販売戦略に…

  6. 農産物の地域ブランドを国が後押し。「地理的表示(GI)保護制度」開始(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 11月 15日

最近の記事

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。