1. プレスリリースのコンテンツ審査、2.4%に指摘。最多指摘理由は「最上級表現の根拠不足」((株)PR …

  2. 2023年度では1件目となる空間除菌製品の景表法措置命令。共立電器産業、フォレストウェル(消費者庁 …

  3. 効果的な施策はポイントやクーポン。ターゲティング広告には警戒。ダークパターンも要注意(令和4年度 消…

  4. 「ダークパターン」に打つ手なし?デジタル社会での「消費者法制」の抜本的見直しに向けて

  5. ハハハラボの機能性表示食品措置命令事案、不当表示とみなされたポイントは

  6. 続く、機能性表示食品4事例目の景表法措置命令。ハハハラボ「メラット」、逸脱表示とNo.1表示(消費者…

  7. アリュールの機能性表示食品措置命令事案、不当表示とみなされたポイントは

  8. 機能性表示食品に3事例目の景表法措置命令、アリュール「スリムサポ」、逸脱表示と国の認可表示(消費者庁…

  9. 糖質カット炊飯器の不当表示問題。消費者庁と国センとで異なる違反認定の視点

  10. 「糖質カット炊飯器」炊いたご飯に含まれる糖質の総量に大差なし。景表法違反のおそれも(国民生活センター…

  11. 糖質カット炊飯器の販売事業者4社に景表法措置命令。みせかけの糖質低減率表示に「合理的な根拠」認めず(…

  12. アフィリ規制、ステマ規制、令和5年景品表示法改正、大きく動く令和4年度の消費者庁の広告表示適正化への…