ダスキン 窓ガラス用フィルム施工サービスの効果表示に景表法措置命令(消費者庁:平成27年12月11日)

12月11日、清掃・衛生用品のレンタルと販売のフランチャイズ事業を行う(株)ダスキン(大阪府)に対し、同社が供給する窓ガラス用フィルムの施工サービスに関する表示に、景品表示法違反(優良誤認)の措置命令を行いました。

消費者庁「表示対策室」と公正取引委員会(近畿中国四国事務所)による、不実証広告規制(※)を用いた措置となっています。

———-
株式会社ダスキンに対する景品表示法に基づく措置命令について
(消費者庁 平成27年12月11日)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/151211premiums_1.pdf
———


【対象商品・表示媒体・期間】
対象商品:
「遮熱・UVカットタイプ Nano 80S」と称する窓用フィルムの施工サービス
表示媒体・期間:
ダイレクトメール、チラシ
2014/04平成26年4月頃~同年7月頃まで(表示媒体ごとに異なる)

【違反内容】
≪優良誤認≫
表示内容:
あたかも、対象役務の提供を受けることで、対象役務を受けない場合と比して、室温の上昇が最大で5.4℃または6℃抑えられるかのように表示。
実際:
当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めた。ダスキンから資料は提出されたが、当該資料は当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものとは認められなかった。

表示例:ダイレクトメール

ダスキン
——
施工価格は、1平方メートル当たり1万9440円。14年4~9月に3都県で312件、約2800万円の売り上げがあったと報じられています。

ダスキンが提出した資料は、フィルムメーカー(住友スリーエフ(株))が行った実験により窓際の気温の上昇が抑制されることを示したものでしたが、消費者庁は室内全体の気温が抑えられる根拠とは認められないと認定しました。

商品の機能や性能を表示する際は、表示の裏付けとなる根拠データを以下の観点からきちんと確認することが重要です。

(1)提出資料が客観的に実証された内容のものであること。
(2)表示された効果、性能と実証された内容が適切に対応していること。

過去の似た事案に2015年3月の(株)タカショーの屋外用シェードの日よけ効果表示、2月の翠光トップラインの窓ガラス用断熱フィルムの機能表示に対する措置命令があります。

・タカショー 屋外用シェードの日よけ効果表示に景表法措置命令
(消費者庁:平成27年3月5日)

・特許取得技術でもNG?翠光トップライン断熱フィルムに景表法措置命令
(消費者庁:平成27年2月27日)

《参考記事》
・景品表示法上の表示の裏付けとなる「合理的な根拠」。効能効果の適切な実証方法

・イオン式空気清浄機の性能・安全性に注意!適切な性能試験方法を  (東京都商品テスト 平成27年1月19日)

===================================
◆フィデスの広告法務コンサルティング◆
消費生活アドバイザーが、貴社の広告コンプライアンス
体制構築をサポートします。
http://compliance-ad.jp/service03/
===================================

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。(毎週金曜日配信)
登録はこちら
————————————————————

関連記事

  1. 日本教育クリエイト 介護・医療事務講座の「通常」価格表示に有利誤認措置…

  2. 返金計画示されず トクホ取消の日本サプリメントに景表法課徴金納付命(消…

  3. 景表法課徴金制度の初の適用は4億8507万円!三菱自、日産に措置命令(…

  4. アイアのパズル雑誌懸賞企画で景表法(有利誤認)措置命令(消費者庁:平成…

  5. 洗浄ジェルのアルコール配合割合ラベル表示に景表法措置命令。輸入業者メイ…

  6. あすなろわかさ「黒椿」に景表法措置命令。続く、黒髪効果サプリの処分 (…

コメント

最近の記事

  1. 2021.09.05

    著作権法とは
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。