今後も拡大が見込まれるシニア層のネット通販利用。シニアに人気の健食通販サイト

今回の気になるトピックは、シニア層のネットショッピング利用について。

60歳以上のシニア層のネット利用率、ネット購入率は年々上昇しています。
平成27年の総務省調査(※1)では、60歳代のネット利用率は75%→77%、70歳代は50%→54%となっており、他の年齢階層の利用率が9割を超えていることと比べると低いものの、いずれも上昇傾向となっています。

また、「商品・サービスの購入・取引」については、60歳代男性は46%→48%、女性は28%→32%と伸びています。
自分たちが将来その世代になることを考えると、これらの数字が更に伸びることは必然と言えるでしょう。

シニア層がよく利用するECサイトについて、アンケートではなくネット行動ログデータを用いたモニター調査があります。(※2)

調査によると、他の世代同様、「Amazon.co.jp」、「楽天市場」、「Yahoo!ショッピング」の3大モールがダントツトップ3は盤石でした。

他方、シニアならではの傾向として、4位にサントリーの健康食品サイト「サントリーウエルネス」、トップ20には「海の元気倶楽部(ニッスイ)」「【カゴメの通販】カゴメ健康直送便」「自然食研」「日清ファルマダイレクト」など、健康食品関連のサイトが多数ランクインしており、シニア層の支持を得ている様子がうかがえました。

%e3%82%b7%e3%83%8b%e3%82%a2%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88
ランクインした代表的なECサイト「サントリーウエルネス」「LOHACO」「Amazon」のサイト訪問者の年齢構成は以下のグラフの通り。

「Amazon」は20代~60歳以上まで各年齢層がバランスよく訪問しているのに対し、「サントリーウエルネス」は60歳以上が約42%を占めていました。
%e3%82%b7%e3%83%8b%e3%82%a2%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%882

60歳代を中心とした「アクティブシニア」のネット通販利用は今後も拡大していくことが予想されます。
そして、シニア層には特有のネット通販利用傾向がありそうです。

(※1)
・インターネットの利用状況・目的:端末別、性別・年代編
(総務省 平成27年通信利用動向調査)
http://blog.fides-cd.co.jp/article/441923200.html

(※2)
・シニア層がよく利用するECサイトランキングまとめ
(ネットショップ担当者フォーラム  平成28年9月12日)
https://netshop.impress.co.jp/node/3449

===================================
◆フィデスの広告法務コンサルティング◆
消費生活アドバイザーが、貴社の広告コンプライアンス
体制構築をサポートします。
http://compliance-ad.jp/service03/
===================================

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの更新情報を、ダイジェストでお届けしています。
登録はこちら
————————————————————

関連記事

  1. 健康食品、消費者が都に求める施策は、「虚偽・誇大な広告・表示の取り締ま…

  2. 「健康食品」で体調不良を感じた経験は11.8%。「そのまま利用」が34…

  3. 食品のネット購入時に義務表示事項確認する人は9割!情報を探して確認でき…

  4. 生活者の企業への信頼度約4割。女性は、危機発生時の対応や人材育成、ワー…

  5. 食品購入時の判断基準「価格」が最多、次いで「鮮度」、「国産」(日本政策…

  6. 1ヶ月のスキンケア化粧品平均投資金額は2,250円。最も高額な年代は6…

最近の記事

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。