29年度の景表法は二重価格表示取り締まり強化年間!平成30年度は?

平成30年度になりました!
皆さんもお気づきのことと思いますが、このところ、景品表示法の措置命令が、バタバタと出されていました。3月の処分は10件で、例年同様、年度末の駆け込み処分となりました。

尤も昨年度は、年度末に処分が集中しただけでなく、8月を除いて年間通じて毎月1件以上の処分が下されたことが異例でした。
異例なことはもう一つ。
これまでは処分件数の少ない傾向にあった、二重価格表示やおとり広告など、有利誤認での事案が多かったこと。

昨年度の国の措置命令件数は28件で、そのうち12件が不当な二重価格表示による有利誤認事案となっていました。
※同一事案で処分された複数事業者、複数商品は1件とカウント

全体の処分件数も大幅に増え、行政がまんべんなくチェックの目を光らせていることをアピールしているように感じた年でした。

恐らくこの傾向は、今年度も引き継がれることが予想されます。
フィデスの予測としては、昨年12月に施行された特商法改正における、通販の定期購入契約時の広告表示あたりの監視が強まるのではないかと見ています。
また、これまでほとんど措置命令の出ていなかった景品規制についても、気になります。

事業者のみなさんには、これまで以上に広告の適正管理に注力していただければと思います。
どうも不安だ、とお感じの折は、フィデスがサポートいたします!

◆景品表示法関連報道発表資料
(消費者庁)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/release/2017/

======================================
◆広告法務コンサルティング・社員教育◆
販促・広報戦略、商品表示・広告チェック社内体制構築等、
社外専門家としてのノウハウとサポート
詳細はこちら
======================================

《関連記事》
・28年度景表法違反、国及び都道府県の措置命令件数は28件。優良誤認、有利誤認ともに増加

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。

登録はこちら

————————————————————-

関連記事

  1. 通販広告規制強化見送り。消費者契約法と特定商取引法の行方 (2015年…

  2. 夏期一斉食品表示の取締り。原料原産地表示、カンピロバクター食中毒対策に…

  3. 消費者庁 健康食品広告ネット監視 29年度第4四半期は54事業者(55…

  4. 栄養成分表示を参考にするのは66%、機能性表示食品の認知度1割(平成2…

  5. 急増するまつ毛美容液による危害。医薬部外品、効能等表示に注意!(国民生…

  6. 強まる「定期購入」契約に関する監視の目。適格消費者団体、行政の動向

最近の記事

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。