JARO と粧工連の化粧品のネット広告共同調査 85%に問題表示のおそれ (平成28年10月12日 日本広告審査機構 日本化粧品工業連合会)

日本広告審査機構(JARO)と日本化粧品工業連合会(粧工連)が共同で、化粧品(医薬部外品含む)のネット広告・表示の調査を行いました。

広告調査は、スキンケア関連の12のキーワード(※)検索により掲載されたリスティング広告(検索連動型広告)とリンク先の商品説明ページを対象に、「医薬品等適正広告基準」への適合性の観点から分析されています。
※キーワード:
①「スキンケア 化粧水」②「スキンケア ローション」③「スキンケア 美容液」④「スキンケア乳液」⑤「スキンケア クリーム」⑥「スキンケア オールインワン」⑦「化粧水」⑧「ローション」⑨「美容液」⑩「乳液」⑪「クリーム」⑫「オールインワン」 計 12 キーワード

調査対象となった300件の広告・表示のうち、85%に問題表示のおそれがあったと報告されています。
今回初めての共同調査ですが、ネット通販の普及に伴い、消費者保護の観点からインターネット上の広告・表示の適正化は急務であるとしています。

調査概要を確認します。

【調査結果概要】
1.300 件の広告・表示の中で 203件(85%)に問題表示のおそれ
2.リンク先の商品説明ページの 83.3%、リスティング広告の 22.3%に問題表示のおそれ
3.商品カテゴリー別では 1 位が美容液の 57 件(19.6%)、2 位がセット商品(17.9%)、化粧水で同数の 52 件(17.9%)
※ 問題表示のおそれがある広告・表示 255 件の商品数は 291。
4.違反内容は、基準 3(6)(効能効果又は安全性の保証)が 216件でトップ
5.問題表示のおそれのある体験談が179 件(59.7%)

1.300 件の広告・表示の中で203件(85%)に問題表示のおそれ
%e5%95%8f%e9%a1%8c%e4%bb%b6%e6%95%b0_%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81%e5%ba%83%e5%91%8a%e8%aa%bf%e6%9f%bb2016png

2.リンク先の商品説明ページの83.3%、リスティング広告の22.3%に問題表示のおそれ
抽出数 300 中で、「LP のみに問題表示のおそれ」が 188 件。「L および LP 共に問題表示のおそれ」62 件を合わせると 250 件となり、全体の 83.3%がLP に何らかの問題表示のおそれがある。
また、リスティング広告での問題のおそれは67件、22.3%となった。
%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e7%ae%87%e6%89%80_%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81%e5%ba%83%e5%91%8a%e8%aa%bf%e6%9f%bb2016png

3.商品カテゴリー別では1位が美容液、2位がセット商品、化粧水、3位がオールインワン
問題のおそれがあった広告・表示 255 件の商品数は 291 商品。
1位が「美容液」で57件(19.6%)、2位が同数で「セット商品」「化粧水」が52件(17.9%)、3位が「オールインワン」38件(13.1%)となった。
%e5%95%86%e5%93%81%e3%82%ab%e3%83%86%e3%82%b4%e3%83%aa%e3%83%bc_%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81%e5%ba%83%e5%91%8a%e8%aa%bf%e6%9f%bb2016png

4.違反内容は、基準 3(6)(効能効果又は安全性の保証)が 216件でトップ
「医薬品等適正広告基準」違反のおそれの内訳は、基準 3(6)(効能効果又は安全性の保証)が 216件でトップ。次に基準 3(3)(承認を要しない化粧品についての効能効果等の表現の範囲)が187件、3 位が基準 3(4)(医薬品等の成分及びその分量又は本質並びに医療機器の原材料、形状、構造及び寸法についての表現の範囲)が100件。
%e5%9f%ba%e6%ba%96%e5%88%a5_%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81%e5%ba%83%e5%91%8a%e8%aa%bf%e6%9f%bb2016png

5.問題表示のおそれのある体験談が179 件(59.7%)
体験談における基準 3(6)(効能効果又は安全性の保証)の問題表示は179件(59.7%)となり、全体の 6 割近くを体験談の問題表示が占めている。
%e4%bd%93%e9%a8%93%e8%ab%87_%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81%e5%ba%83%e5%91%8a%e8%aa%bf%e6%9f%bb2016png

結果を受けて粧工連は、行政との情報共有・連携を図るとともに、関係団体(日本アドバタイザーズ協会・日本広告業協会・日本インタラクティブ広告協会・日本通信販売協会)等への協力要請も行うとしています。
また、加盟する会員(約1150社)に対しては、ネット広告の適正化推進要請を行い、非会員に対しては意識啓発の方策を検討するとしています。

本ブログでも化粧品・健康雑貨広告の薬機法規制をクイズ形式で解説しています。
ぜひチェックしてみてください。

◆医薬品医療機器等法(旧薬事法)NGクイズ(化粧品)

===================================
◆フィデスの広告法務コンサルティング◆
消費生活アドバイザーが、貴社の広告コンプライアンス
体制構築をサポートします。
http://compliance-ad.jp/service03/
===================================

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの更新情報を、ダイジェストでお届けしています。
登録はこちら
————————————————————

関連記事

  1. 異物混入 保健所情報共有を自治体に協力要請(消費者庁)

  2. 機能性表示食品の事後チェック指針案のパブコメ開始! 指針に対する消費者…

  3. 消費者委員会の意見案まとまる トクホ制度・運用見直し、広告監視の健増法…

  4. 通販広告実態調査、不適正広告事例解説(JADMA「2021年度 通販広…

  5. 消費者庁 健康食品広告ネット監視 30年度第2四半期は60事業者(64…

  6. 平成30年度、特保・機能性表示食品買上調査 100品目で適切な成分含有…

最近の記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。