2017年の消費者行政「企業の適正なビジネスを応援する」(岡村消費者庁長官記者会見 2017年1月11日)

2017年の消費者行政の方向性はどこに向かうのでしょうか。
本年最初の岡村消費者庁長官の記者会見が1月11日に行われ、年始の抱負が述べられていました。

注目したのは「エシカル(倫理的)消費」という言葉。
消費者行政の未来への取り組みとして、倫理的消費の促進を含めた消費者教育の推進を掲げています。

「エシカル消費」とは、より正しい企業の行動を、消費という選択を通して応援するという消費スタイルです。先週ご紹介した「消費者志向経営」の対をなす、消費者の目指すべき姿勢と言えます。

岡村長官曰く、
「消費者を大切にする企業の提供する製品・サービスが消費者に選ばれる。
それによって企業も消費者も同じ目線で同じ目標を共有して、より持続可能な世界の実現を目指す」
このような消費者行政を目指したいと語っています。

また、法執行の体制に関しては、「企業の適正なビジネスを応援する」形の執行であるとしています。
つまり、既に企業が自浄能力により改善に取り組んでいるときには過大な処分は行わないものの、コンプライアンス、ガバナンスに反するような悪質商法や不当な表示の排除については厳しく対処するということです。

昨年導入された課徴金納付の行政処分権限を行使するべく、幾つかの事案については調査も進めている、とチクリ。

許可取消問題の起きたトクホ制度についても、信頼性向上に必要な対応をとっていくと述べています。

2017年、消費者庁の素晴らしい未来への取り組みに期待したいと思います。

◆岡村消費者庁長官記者会見要旨
(消費者庁 平成29年1月11日)
  http://www.caa.go.jp/action/kaiken/c/170111c_kaiken.html

≪関連記事≫
消費者庁が後押しする事業者の「消費者志向経営」への取組

===================================
◆フィデスの広告法務コンサルティング◆
消費生活アドバイザーが、貴社の広告コンプライアンス
体制構築をサポートします。
http://compliance-ad.jp/service03/
===================================

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。(毎週金曜日配信)

登録はこちら

————————————————————-

関連記事

  1. 令和元年度食品表示法違反「指導」件数は169件 加工食品では「原材料名…

  2. ネット通販ビギナーにもやさしい表示を。コロナ禍の「新しい生活様式」で増…

  3. 景表法課徴金制度の導入と消費者の購買行動への影響

  4. 健康食品「肝パワーEプラス」の記事態広告アフィリエイトで薬機法違反。広…

  5. 健康食品の虚偽・誇大広告規制。合理的根拠表示や、ステマ、口コミも要注意…

  6. デジタル・プラットフォーマーによる個人情報の取扱い、独占禁止法に基づく…

最近の記事

  1. 2021.09.05

    著作権法とは
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。