景品表示法において、広告主がASPやアフィリエイターに対して講じるべき措置(事業者が講ずべき景品類の提供及び表示の管理上の措置についての指針改正 2022年6月29日)

この記事は会員限定記事です。ご覧になりたい方は会員登録をお願いいたします。 管理者の承認後に会員記事が閲覧できるようになります。

ご登録受付メールが、ご記入いただいたメールアドレス宛に届きます。 万が一届かない場合は、入力違いなど、ご入力いただいたメールアドレスに送信できないトラブルの可能性がございます。ご確認の上、お手数ですが再度ご登録お願いいたします。

※法人様向けのサービスとなります。gmailやyahooメール等のフリーメールでの登録はお断りしております。 正式な会社名、お名前でのご登録をお願いします。 同業者様のご登録はお断りさせていただくことがございます。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事

  1. 「事業者が講ずべき管理上の措置」はしっかりと。令和元年度の消費者庁の広…

  2. 医薬品医療機器等法(旧薬事法)NG広告クイズ 「○○○配合 殺菌・抗菌…

  3. 特定電子メール法とは

  4. 【景表法】目玉商品販売時の注意点(おとり広告)

  5. カラーコンタクトレンズ 個人輸入代行サイトで商品を販売できるか?

  6. 【景表法】割引率・割引額表示の注意点

最近の記事

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。