菊池商事とプレイズ、ガソリンスタンド看板の税込と誤認させる表示に景表法措置命令 (消費者庁 2021年12月16日)

今回の措置命令事案は、看板表示のわかりにくい税抜き価格表示に対する有利誤認表示です。

消費者庁は12月16日に、福岡県の石油製品販売会社(有)菊池商事(糸島市)と(株)プレイズ(福岡市)のガソリンスタンドの看板の価格表示に対し、景品表示法の措置命令を行いました。
消費者庁及び公正取引委員会事務総局九州事務所の調査による事案です。

2社は共にガソリンや軽油の価格を消費税抜きで表示しており、「税別」の表示はありましたが文字が小さいため、表示価格が税込み価格という認識を打ち消すものとは認められず、有利誤認表示とみなされました。
わかりにくい税抜き価格表示に対する措置命令は初めてとなります。

処分の概要と、消費税法の「総額表示」ルール、打消し表示についての景品表示法上留意すべきポイントを確認してみましょう。

———-
石油製品の販売事業者2社に対する景品表示法に基づく措置命令について
 (消費者庁 2021年12月16日)
https://www.caa.go.jp/notice/assets/representation_211216_2.pdf
———-

●違反内容
【対象商品】
レギュラーガソリン、ハイオクガソリン及び軽油

【表示媒体】
ガソリンスタンドの看板

【表示期間】
菊池商事:
2021年5月31日、7月1日、8日、15日、24日、8月8日、19日、9月2日、23日

プレイズ:
2021年10月10日

【表示内容】
菊池商事:
例えば、「セルフプレミアム」と称するガソリンスタンドの看板において、「レギュラー129」、「ハイオク139」及び「軽油109」と価格を表示。

プレイズ:
「糸島セルフサービスステーション」と称するガソリンスタンドの看板において、「ハイオク148」、「レギュラー138」及び「軽油117」と価格を表示。

いずれも、あたかも、価格が消費税を含めた価格(税込価格)であるかのように表示していた。

実際:
価格は消費税を含まない価格であって、税込価格ではなかった。

打消し表示:
表示には「税別」と表示していたが、当該表示は小さな文字で記載されていること等から、一般消費者の表示価格が税込み価格であるという認識を打ち消すものではない。

【表示例】


(公正取引員会Twitter公表資料より引用)

なお、プレイズは、処分を前に不当表示を認める謝罪広告を日刊新聞紙2紙に掲載しており、再発防止策を講じることと同様の違反表示を行わないことのみ命じています。

次ページでは、消費税法上の総額表示のルール、景品表示法上の打消し表示のポイントについて確認します。

1

2

関連記事

  1. 特商法業務停止命令 化粧品、健康食品及び家電製品の連鎖販売業者「IPS…

  2. 「塚田農場」運営元「地鶏」メニューに景表法課徴金納付命令。払い戻し対応…

  3. 課徴金1億886万円 シエル「置き換えダイエット」系青汁に景表法措置命…

  4. タカショー 屋外用シェードの日よけ効果表示に景表法措置命令 (消費者庁…

  5. 第三者認証基準を超える性能表現が問題に。タイガーの電気ケトルの転倒湯も…

  6. カインズの期間限定割引セールの「通常価格」表示に景表法措置命令。期間限…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。