東レ浄水器のパッケージ表示に景表法措置命令。打消し表示の配置箇所に注意(消費者庁:平成30年2月1日)

消費者庁は2月1日に東レ(株)が供給するポット型浄水器と交換用カートリッジのセット商品に関するパッケージ表示に対し、景品表示法(有利誤認)の措置命令を行いました。

パッケージの打消し表示の記載方法が問題となった事案です。

———-
東レ株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について 
(消費者庁 平成30年2月1日)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_180201_0001.pdf
———-

【対象商品】
「トレビーノ PT302F メガ盛りパック」というポット型浄水器及び交換用カートリッジのセット商品

【対象表示】
表示媒体:

商品パッケージ

表示期間:
遅くとも平成29年3月以降

表示内容:
本件ポット型浄水器の箱(本体箱)に交換用カートリッジ3個を同梱した箱を接着させ一体化させた対象商品の商品パッケージに、次のとおり記載することにより、あたかも、対象商品のカートリッジが合計5個入であるかのように表示をしていた。(別紙1)
・対象商品の商品パッケージの天面において、本体箱天面に「カートリッジ1個付」と記載するとともに、カートリッジ箱に「カートリッジ4個入」と記載。
・対象商品の商品パッケージの前面において、本体箱にカートリッジ1個が装着されたポット型浄水器の写真を掲載するとともに、カートリッジ箱に「カートリッジ4個入」と記載。

実際:
対象商品は、カートリッジが本体箱に1個、一体化させたカートリッジ箱に3個の合計4個入であった。
東レ1


●打消し表示についての問題点
対象表示について、カートリッジ箱のフタフラップに「●こちらのパッケージはカートリッジ3個入りです。残りのカートリッジは本体パッケージに1個同梱しております。」と打消し表示が記載されていました。(別紙2)
しかし、当該表示は、対象表示の記載と同一視野に入る箇所に記載されたものではなく、カートリッジの個数に関する一般消費者の認識を打ち消すものではない、とみなされています。
東レ2

消費者庁が2017年7月14日に公表した「打消し表示に関する実態調査報告書」では、打消し表示の配置箇所について、次のような場合には景品表示法上問題となるおそれがあるとしています。

・打消し表示が強調表示から離れた場所に表示されており、一般消費者が打消し表示に気付かない。
・打消し表示に気付いたとしても、当該打消し表示が、離れた場所に表示された強調表示に対する打消し表示であると認識できないような場合。

上記のような表示方法により、打消し表示の内容を一般消費者が正しく認識できず、商品・サービスの内容や取引条件について実際のもの等よりも著しく優良又は有利であると一般消費者に誤認されるときは、景品表示法上問題となるおそれがあります。

打消し表示を行う際には、を参考に、留意事項を確認しましょう。

—————
打消し表示に関する実態調査報告書
(消費者庁 平成29年7月)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_170907_0002.pdf
—————–

≪参考記事≫
・ガリバー運営会社のIDOM、自動車保証の表示に景表法措置命令。打消し表示に注意!

・FREETELのSIMサービスに優良・有利誤認の景表法措置命令。打消し表示に注意を

・打ち消し表示無効。モデル写真と実質料金に乖離。着物レンタル事業者のDM用カタログに景表法措置命令

===================================
◆フィデスの広告法務コンサルティング◆
消費生活アドバイザーが、貴社の広告コンプライアンス
体制構築をサポートします。
http://compliance-ad.jp/service03/
===================================

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。(毎週金曜日配信)

登録はこちら

————————————————————-

関連記事

  1. コスモ石油販売の車検サービス新聞折込チラシ 販売実績のない二重価格に景…

  2. 中古バイク3社に景表法措置命令、「走行距離数」54,372キロを「12…

  3. 続く、東京都の子供用ライフジャケットの浮力表示に対する景品表示法措置命…

  4. グリーンコープ連合に景表法措置命令。仕入れ先メーカーの品質管理ミスで(…

  5. 求められる広告の適正管理体制。ドラッグストアチェーン、キリン堂の痩身サ…

  6. 「元気365」のRK企画 健康食品の電話勧誘販売に特商法業務停止命令(…

最近の記事

  1. 2021.09.05

    著作権法とは
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

久保京子

このサイトを運営する(株)フィデスの代表取締役社長。メーカーにてマーケティング業務に従事した後、消費者と事業者のコミュニケーションの架け橋を目指し、99年に消費生活アドバイザー資格を取得する。
(財)日本産業協会にて、経済産業省委託事業「電子商取引モニタリング調査」に携わったことを契機に、ネットショップのコンプライアンス及びCS向上をサポートする(株)フィデス設立。