医薬品医療機器等法(旧薬事法)

医薬品医療機器等法(旧薬事法)とは、医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質、有効性及び安全性の確保のために、許認可制度、表示や広告について規制した法律です。
健康食品などの食品に対しても、医薬品に使用される成分の配合や医薬的な効能効果の表示・広告の禁止など、規制が及びます。
続きを読む

景品表示法

景品表示法の正式名称は、不当景品類及び不当表示防止法といいます。
景品表示法とは、不当な表示や過大な景品類の提供を制限又は禁止することにより、一般消費者が自主的かつ合理的に商品・サービスを選択できる環境を守るための法律です。
続きを読む

健康増進法

健康増進法とは、国民の健康づくり・疾病予防を積極的に推進することを目的とした法律です。
健康食品等の食品に対しては、特定保健用食品等の許可・認証、健康や栄養に関する表示基準、虚偽・誇大広告の禁止といった規制が関わっています。
規制の対象は、インターネット広告媒体や販売事業者にも及びます。
続きを読む

JAS法

JAS法とは、農林物資の品質の改善、生産の合理化、取引の単純公正化及び使用又は消費の合理化を図るとともに、品質に関する適正な表示を行なわせることにより、農林物資の生産及び流通の円滑化、消費者の需要に即した農業生産等の振興、消費者の利益保護に寄与することを目的とした法律です。
正式には「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」といいます。
この法律は、原材料、原産地など品質に関する一定の表示を義務付ける「品質表示基準制度」と、飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格制度(任意制度)」からなっています。
続きを読む

食品衛生法

食品衛生法とは、飲食によって生ずる衛生上の危害の発生を防止するために、食品や添加物、器具容器の規格・表示・検査などの原則を定めた法律です。
公衆衛生に危害を及ぼすおそれがある表示や広告については、インターネット広告も対象となり、販売事業者にも規制が及びます。
続きを読む

特定商取引法

特定商取引法とは、通信販売や訪問販売等、消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止するとともに、消費者の利益を守るための法律です。
続きを読む

不正競争防止法

不正競争防止法とは、事業者間の公正な競争を確保することにより、国民経済の健全な発展に寄与することを目的とした法律です。
この法律は、消費者保護を目的とはしていませんが、表示規制などは、その性質上、消費者保護の側面ももっています。
続きを読む