【景表法】定期購入のお客様への「友達紹介」の謝礼は「景品」? 「友達紹介キャンペーン」についての景品表示法上の注意点


健康食品などの通販の新規顧客獲得施策として、「友達紹介キャンペーン」を検討されている事業者も多いことでしょう

この「友達紹介キャンペーン」で紹介者に提供するプレゼントについても、景品表示法の「景品」に該当する可能性があり注意が必要です。

今回は、「友達紹介キャンペーン」についての注意点を確認します。

◆景品類等の指定の告示の運用基準について
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/guideline/pdf/100121premiums_20.pdf

キャンペーンのプレゼントが、景品表示法の「景品」に該当するのはA)、B)どちらでしょうか。

A) 不特定多数に対して行う友達紹介キャンペーン
B) 定期購入をしているお客様に対して行う友達紹介キャンペーン


答えはB)となります。
景品表示法の「景品類」の考え方を確認しましょう。

「景品類」とは、事業者が消費者に対して、以下の目的、方法、内容で提供するものを指します。

目的:顧客を誘引する手段として
提供方法:取引に附随して提供する
内容:物品や金銭など、経済上の利益

顧客を誘引するための手段として:
「新たな顧客の誘引に限らず、取引の継続又は取引量の増大を誘引するための手段も、
「顧客を誘引するための手段」に含まれる。」
とされています。

「取引に附随して提供する:
「取引を条件として他の経済上の利益を提供する場合は、「取引に附随」する提供に当たる。」とされており、自己の供給する商品又は役務の購入者を紹介してくれた人に対する謝礼は、「取引に附随」する提供に当たらない(紹介者を当該商品又は役務の購入者に限定する場合を除く。)。
本事例では「当社商品の購入」が条件となっているため該当します。
定期購入をしているお客様に対して景品を提供する場合は、そのお客様の将来の取引に付随することとなるため該当します。

では、次に「定期購入をしているお客様に対して行う友達紹介キャンペーン」における、景品の制限について確認しましょう。

事例:
———————
定期購入をしているお客様(A)への友達紹介キャンペーンで、紹介してくれたお客様(B)がお試し商品を購入してくれた時と、さらに(B)が定期購入契約してくれた場合にもう一度(A)に景品を提供するという場合の、景品の金額設定条件。
———————

●購入者を対象に提供する景品の価格制限
景品は(A)の取引(定期購入)に付随するものであり、(B)の取引とは関係がありません。
景品の限度額は、景品の提供に係る(A)の取引金額から以下のように算定します。
・取引金額条件の20%以下
・取引金額条件が1000円未満の場合は一律200円以下
例)
(A)の定期購入価格が毎月3000円の場合、1か月分の3000円が算定基準の「取引金額」となり、景品の金額は3000円の20%、600円以下となる。

事例のように、(A)に対して2回景品を提供する場合は、1回目は最初の1か月分の取引金額を算定基準に、2回目は2か月目以降、任意の月が経過した時点で、その月数分の取引金額を算定基準に設定することができます。
例)
(A)の定期購入価格が毎月3000円の場合、1回目は(B)がお試し商品を購入してくれた時点で600円以下(1か月分の定期購入価格3000円の20%)、2回目は(B)が定期購入契約してくれた場合に、例えば3か月経過した時点(2か月目から4か月目までの代金の合計額9000円を支払った時点)で、1800円以下(3か月分の定期購入価格9000円の20%)の景品を提供できる。

その場合、一般消費者が誤認しないように、事前に広告で告知しておくことが必要です。
告知例)
2回景品がもらえるお友達紹介キャンペーン。
1回目はお友達が購入してくれた時点で600円相当の景品をプレゼント。2回目はその後3か月を経過して代金をお支払いただいた時点で1800円相当の景品をプレゼント。

参考:
————————————————————————————
((社)日本通信販売協会(JADMA)発行情報誌
「JADMANEWS(ジャドマニューズ)」(2018年7―8月号)より)
事業者相談 景品表示法相談編 「友達紹介キャンペーン/二重価格表示」
https://saas.startialab.com/acti_books/1045176281/55031/_SWF_Window.html
————————————————————————————

≪関連記事≫
・「お客様の声(レビュー)」への謝礼は「景品」?それとも「報酬」?「使用感想文への謝礼」についての景品表示法上の注意点

===================================
◆フィデスの広告法務コンサルティング◆
消費生活アドバイザーが、貴社の広告コンプライアンス
体制構築をサポートします。
http://compliance-ad.jp/service03/
===================================

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの更新情報を、ダイジェストでお届けしています。
登録はこちら
————————————————————