茨城県、中古自動車販売業者の協和自動車に景表法措置命令。「修復歴」表示に優良誤認(茨城県 2020年3月5日)


年度末、都道府県による景品表示法の措置命令執行が活発です。

2月の埼玉県、大阪府に続き、茨城県が3月5日に、茨城県かすみがうら市の中古自動車販売業者(有)協和自動車に対し、景品表示法違反の措置命令を行いました。

今回の違反内容は、ネットオークションサイトおよび中古車情報誌において行った「修復歴」の表示に対する、優良誤認での措置命令となっています。

———-
不当景品類及び不当表示防止法に基づく措置命令について
 (茨城県 2020年3月5日)
https://www.pref.ibaraki.jp/seikatsukankyo/syose/sodan/torikumi/documents/kohyobun.pdf
———-


【違反内容】
対象商品:中古自動車21台(別表)

表示媒体:
「カーセンサー」及び「グーネット」と称するウェブサイト、並びに「グー 北関東版」と称する中古車情報誌

表示内容:
表示媒体の「修復歴」欄に「なし」又は「修無」と記載することにより、あたかも、当該車両の骨格部位が損傷していない修復歴がない車両であるかのように示す表示をしていた。

実際:
オートオークション会社からの仕入れ時に提示される出品リストに,車体の骨格部位が損傷するなどの修復歴を示す記号等が記載された修復歴のある車両であった。

【別表】
協和自動車

ここ2年ほど、中古自動車の「修復歴」表示に対する措置命令は出ていませんでしたが、過去、繰り返しの処分がなされています。
引き続き注意が必要です。

「自動車公正競争規約」
http://www.aftc.or.jp/content/files/am/kiyaku/kiyaku_4.pdf
一般社団法人自動車公正取引協議会
中古車に関する規約のポイント
http://www.aftc.or.jp/contents/am/kiyaku/chuuko/index.html

≪参考記事≫
・ガリバー運営会社のIDOM、自動車保証の表示に景表法措置命令。打消し表示に注意!(消費者庁:平成29年12月8日)

・中古自動車の(有)ペルシャンオート、「ヤフオク!」の「修復歴」表示に景表法措置命令(消費者庁:平成28年3月23日)

・全国初。都道府県の景表法措置命令。(株)ローランインターナショナル、中古自動車「修復歴」表示(埼玉県:平成27年12月25日)

・続く中古自動車の景表法措置命令。(株)オートアクション、「修復歴」表示とおとり広告(消費者庁:平成27年5月1日)

・中古自動車の販売事業者3社の「修復歴」表示に景表法措置命令(消費者庁:平成26年11月27日)

・中古自動車の販売事業者(株)ジャストライト、「走行距離数」「修復歴」表示とおとり広告に景表法措置命令(消費者庁:平成26年11月26日)

・中古自動車の販売事業者(株)くるまや・LeO、「修復歴」表示とおとり広告に景表法措置命令(消費者庁:平成26年3月19日)

===================================
◆フィデスの広告法務コンサルティング◆
消費生活アドバイザーが、貴社の広告コンプライアンス
体制構築をサポートします。
http://compliance-ad.jp/service03/
===================================

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの更新情報を、ダイジェストでお届けしています。
登録はこちら
————————————————————