「塚田農場」運営元に景表法措置命令。「地鶏」メニューから一般消費者が受ける印象は?(消費者庁:平成30年5月22日)


消費者庁は5月22日、居酒屋チェーン「塚田農場」を運営する(株)エー・ピー・カンパニーに対し、同社が提供している鶏料理のメニュー表示について、景品表示法の措置命令を行いました。

「塩つくね」、「月見つくね」「チキン南蛮」「椎茸つくね南蛮」という料理について、あたかも地鶏を使用しているかのように表示をしていましたが、実際はブロイラーを使用していたものであり、優良誤認表示とみなされました。

メニューには、地鶏を使用している料理とブロイラーを使用した料理が混在しており、メニューの全体的な印象から、誤認表示とみなされました。

———-
株式会社エー・ピーカンパニーに対する景品表示法に基づく措置命令について
(平成30年5月22日 消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_180522_0001.pdf
———-


【対象料理】
1)「宮崎県日南市塚田農場」及び「宮崎県日向市塚田農場」において提供する「塩つくね」「月見つくね」「チキン南蛮」と称する料理
2)「鹿児島県霧島市塚田農場」において提供する「塩つくね」「月見つくね」「チキン南蛮」と称する料理
3)「宮崎県日南市じとっこ組合」、「宮崎県日向市じとっこ組合」、「~宮崎日南幻の地鶏焼~じとっこ」において提供する「チキン南蛮」「椎茸つくね南蛮」と称する料理

【表示媒体】
メニュー

【表示期間】
1) および2)平成29年4月17日から同年8月22日まで
3)平成28年9月1日から平成29年9月3日まで

【違反内容】
表示:
例えば、1)のメニューの表紙に「地鶏一筋」と記載した印影を掲載し、2及び3ページに「地鶏は野生の旨味」「限られた農家しか生産が許されないみやざき地頭鶏(じとっこ)」等と記載。「みやざき地頭鶏」の写真、流通過程を示した図を掲載した上で、「ブロイラー」を使用した「塩つくね」および「月見つくね」を8ページに、「チキン南蛮」を9ページに記載。
あたかも、地鶏を使用しているかのように示す表示をしていた。

実際:
ブロイラーや地鶏ではない親鶏等を使用していた。

表示例:
1)「宮崎県日南市塚田農場」及び「宮崎県日向市塚田農場」において提供する「塩つくね」「月見つくね」「チキン南蛮」】
「地鶏一筋」と記載した印影
エー・ピーカンパニー 1

「地鶏は野生の旨味」「在来鶏の血統「地鶏」はほんの一部」「限られた農家しか生産が許されないみやざき地頭鶏(じとっこ)」、「みやざき地頭鶏」の写真、流通過程を示した図
エー・ピーカンパニー 2

「ブロイラー」を使用した「塩つくね」および「月見つくね」「チキン南蛮」
エー・ピーカンパニー 3

本件に対する同社の「お知らせとお詫び」において、再発防止策と払い戻しについて発表しています。

再発防止策:
1) 誤解が生じないメニュー表記の徹底
メニューブック、店内表示物、オンライン表示物等にて明確に表現することを徹底。
併せて、お客様窓口を開設し、お客様の店舗外での疑問に回答できる体制を構築する。
2) 役職員向けの周知・研修
3) メニューなどの制作物のチェックの徹底
4) 経営レベルでの再発防止体制を構築

払い戻し:
メニューに不適切な表記があった期間中に対象商品を購入した顧客に対し、レシートを持っている場合は全額を払い戻しする。持っていない場合は食事券(1品700円、2品以上は一律1,400円)を提供する。

————
弊社運営飲食店のメニュー表記に対する消費者庁の措置命令についてのお知らせとお詫び
(株式会社エー・ピーカンパニー HP 2018/5/22)
http://www.apcompany.jp/news/2018/05/22-01.php
———–

景表法では、一般消費者が広告表記から受ける印象・認識と実際の内容が食い違わない=優良誤認を起こさない、ということがポイントとなります。
関連会社を含め、同社が提示した再発防止策の徹底が求められます。

≪関連記事≫
・石垣島の農組に景表法措置命令。スパイスの原料産地表示に優良誤認
(消費者庁:平成30年5月15日)

・ホクレンに景表法措置命令。加工食品の店頭POPの道産原料表示に誤り
(北海道:平成29年8月22日)

・静岡県特産品「桜えび」が「中国産アキアミ」。不当表示に景表法優良誤認措置命令
(消費者庁:平成29年3月30日)

・村田園万能茶に景表法措置命令。パッケージ表示と原料原産国の優良誤認
(消費者庁:平成28年3月10日)

===================================
◆フィデスの広告法務コンサルティング◆
消費生活アドバイザーが、貴社の広告コンプライアンス
体制構築をサポートします。
http://compliance-ad.jp/service03/
===================================