中古自動車(有)ペルシャンオート、「ヤフオク!」の「修復歴」表示に景表法措置命令 (消費者庁:平成28年3月25日)


3月23日、消費者庁は厚木市の中古自動車販売事業者(有)ペルシャンオートに対し、ネットオークションサイトにおいて行った表示に、景品表示法違反の措置命令を行いました。

今回の違反内容は「修復歴」の表示での優良誤認での措置命令となっています。
繰り返しの処分となっている中古自動車の表示。注意が必要です。

———-
有限会社ペルシャンオートに対する景品表示法に基づく措置命令について
 (消費者庁 平成28年3月23日)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/160325premiums_1.pdf
———


【違反内容】
対象商品:高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」やBMWなどの中古自動車17台(別表)

表示媒体:ヤフー株式会社が運営する「ヤフオク!」と称するインターネットオークションサイト

表示内容:
中古自動車17台について、(有)ペルシャンオートがオートオークションに出品した際の出品票に、車体の骨格部位に損傷があるもの又は修復されているものを示す記号が記載された修復歴があるものでにもかかわらず、ヤフオクの商品説明の「修復歴」欄に「なし」と記載することにより、あたかも、当該中古自動車の車体の骨格部位に修復歴がないかのように示す表示をしていた。<表示例①>

ペルシャンオート1
ペルシャンオート2

(※1)
・全国初。都道府県の景表法措置命令。(株)ローランインターナショナル、中古自動車「修復歴」表示(埼玉県:平成27年12月25日)

・続く中古自動車の景表法措置命令。(株)オートアクション、「修復歴」表示とおとり広告(消費者庁:平成27年5月1日)

・中古自動車の販売事業者3社の「修復歴」表示に景表法措置命令(消費者庁:平成26年11月27日)

・中古自動車の販売事業者(株)ジャストライト、「走行距離数」「修復歴」表示とおとり広告に景表法措置命令(消費者庁:平成26年11月26日)

・中古自動車の販売事業者(株)くるまや・LeO、「修復歴」表示とおとり広告に景表法措置命令(消費者庁:平成26年3月19日)

===================================
◆フィデスの広告法務コンサルティング◆
消費生活アドバイザーが、貴社の広告コンプライアンス
体制構築をサポートします。
http://compliance-ad.jp/service03/
===================================

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの更新情報を、ダイジェストでお届けしています。
登録はこちら
————————————————————