2013年度トクホ市場規模 6275 億円。2011 年度比121.3%と大幅上昇 (日健栄協)


1991 年(平成 3 年)に発足した特定保健用食品制度。
公益財団法人 日本健康・栄養食品協会では、1997 年から隔年に特定保健用食品の市場規模調査を実施しています。(※)

調査開始以来、2007 年度をピークに減少し続けていたトクホ市場規模ですが、2013 年度は大きく回復しています。
調査結果を見てみましょう。


●市場規模と品目数推移
2013 年度の市場規模は 6275 億円(メーカー希望小売価格ベース)と推定され、2011 年度の市場規模 5175 億円に比べ 121.3%と大幅に上昇した。
2013 年 12 月末現在の表示許可・承認の品目総数は 1095となっている。

【特定保健用食品の市場規模および表示許可・承認品目の推移】
トクホ市場推移2013

※クリックすると拡大します。

●保健の用途別市場規模推移と構成比
保健の用途別市場規模では、2013年度に増加したのは、「オリゴ糖」68.5億円(11年度比231.5%)、「食物繊維」165.4億円(11年度比154.5%)、「乳酸菌」3562.1億円(11年度比128.9%)、「中性脂肪・体脂肪」1404.6億円(11年度比126.8%)となっている。
保健の用途別構成比率は前回と同様に「整腸」が 60.5%と最も大きく、「中性脂肪・体脂肪」が 22.4%と続いた。

【保健の用途別市場規模の推移および構成比】
トクホ用途別市場規模推移(表)2013
※クリックすると拡大します。

トクホ用途別伸び率推移、構成比(グラフ)2013
※クリックすると拡大します。

●保健の用途別許可品目数推移
また保健の用途別許可品目で2013年に増加したのは、「中性脂肪、体脂肪」が 33 品目増と最も多く、次いで、「血糖値」が26品目増、「食物繊維」が16 品目増であった。
トクホ用途別品目推移(表)2013
※クリックすると拡大します。

●販売経路別市場構成の推移
販売経路別市場構成は、「スーパー」2521億円(40.2%)、「戸配」15.2億円(23.9%)、「コンビニ」888億円(14.2%)の上位3つで全体の約 8 割弱を占めている。
2013 年度、市場拡大したのは、「ドラッグ・薬局」662億円(10.5%)で11年度の307億円(5.9%)からほぼ倍増した。
一方、「通信販売」は金額的には小さいものの 2007 年度以降増加を続けているが、2013
年度は179億円(2.9%)で構成比率は減少した。
トクホ販売経路別市場構成推移(表)2013
※クリックすると拡大します。

特定保健用食品の審査基準の明確化、迅速化への取り組みが進む中、市場の回復が期待されます。同時に、消費者に対するわかりやすい表示、正しい使用方法等の情報提供も求められています。

(※)
特定保健用食品の市場規模調査
(平成26年4月1日 公益財団法人 日本健康・栄養食品協会)

http://www.jhnfa.org/tokuho2013.pdf

調査方法:表示許可商品を持つ企業に対する品目別アンケート調査
調査対象社:2013 年 12 月末現在許可取得の品目数 1095 を持つ全企業 191 社
(回収率 95.8% 183 社/有効回答率 98.0% 180社)
調査対象品目数:1095品目
実数回答品目数:1073品目

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。(毎週金曜日配信)
登録はこちら
————————————————————-