家庭用マッサージ器の平成25年生産・輸入金額278億7447万円。対前年比9.1%と回復(薬事工業生産動態統計)


前回の記事では、厚生労働省が発表している「薬事工業生産動態統計」年報(※)より、医薬部外品の薬効分類別生産・輸入金額の動向を取り上げました。
今回紹介するのは、医療機器生産金額の中から、家庭用医療機器です。

【家庭用医療機器生産・輸入金額】
家庭用医療機器生産金額H.25
家庭用医療機器生産金額表H.25

平成25年の家庭用医療機器の生産・輸入金額は、1260億9853万円で、対前年比9.0%となっています。

品目別では、家庭用マッサージ器が278億7447万円、家庭用磁気治療器は191億8634万円、家庭用電気治療器は123億629万円となっています。
対前年比で見ると、家庭用マッサージ器が平成24年-21.1%から9.1%、家庭用電気治療器が3年連続マイナスから9.8%とプラスに転じました。家庭用磁気治療器は平成24年19.5%から-0.6%と再びマイナスとなりました。
生産と輸入の内訳を見ると、家庭用マッサージ器、家庭用電気治療器、家庭用磁気治療器いずれも、輸入金額は伸びています。

家庭用電気治療器には、代表的なものとして「低周波治療器」「電位治療器」があります。

広告違反事案としては、平成25年10月に(株)ヘルスに対し、家庭用電位治療器に関する景品表示法(不実証広告規制による優良誤認)の措置命令が出されています。
———-
株式会社ヘルスに対する景品表示法に基づく措置命令について
(消費者庁 公正取引委員会 平成25年10月17日)
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/131017premiums.pdf
———-

また、温熱・電位治療器、温熱・電位交互治療器、電位治療器又は永久磁石磁器治療器等の家庭用医療布団(家庭用医療機器等)の連鎖販売業者であるロイヤルジャパン(株)及び勧誘者(5名)に対して、平成27年1月に業務停止命令が出されています。

・家庭用医療布団の連鎖販売業者及び勧誘者に対する、特定商取引法業務停止命令
 (消費者庁:平成27年1月8日)
 http://compliance-ad.jp/complianceblog/against/703/

国民生活センターからも注意喚起がなされていますので、広告や販売方法の法令順守にご注意下さい。

———————————————————————————–
家庭用電気治療器具類に関する消費者相談にみる問題点
〜過剰な効能効果をうたうセールストークに注意〜
(記者説明会資料 平成 16 年 10 月 6 日 独立行政法人 国民生活センター)
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20041006_3.pdf
———————————————————————————-

(※)
————————————
薬事工業生産動態統計調査(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/105-1.html
————————————
「薬事工業生産動態統計年報」とは、医薬品・医薬部外品・衛生材料・医療機器の生産などの実態を明らかにすることを目的に、薬事法による許可を受けて医薬品などを製造販売または製造する全ての事業所を対象として毎月実施している「薬事工業生産動態統計調査」の結果を、年間分として集計したものです。

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの情報を、ダイジェストでお届けしています。
登録はこちら
————————————————————