カラーコンタクトレンズ 個人輸入代行サイトで商品を販売できるか?


フィデスでは、薬事法に関する広告表記の相談を受け付けています。
今回は、そのご相談の中から、カラーコンタクトレンズ広告に関するお悩みとアドバイス
をご紹介します。

【ご相談内容】
外国製のおしゃれ用カラーコンタクトレンズを、個人輸入代行したいと思っています。
個人輸入代行サイトで商品を販売することはできますか?

【アドバイス】
これまで「雑貨」扱いだった、視力補正を目的としない「おしゃれ用カラーコンタクトレ
ンズ(以下、カラーコンタクトレンズ)」は、2009年11月4日より、視力補正用コンタク
トレンズと同じように高度管理医療機器として薬事法の規制対象となりました
(※)。

これに伴い、カラーコンタクトレンズを輸入販売するためには、医療機器として厚生労働
省の承認を受ける必要があり、また、輸入や製造等を行うには都道府県知事の許可が、販
売にあたっても都道府県知事の販売業の許可、販売管理者の設置が義務づけられることに
なりました。

しかし、顧客の依頼に応じて、個別商品の輸入手続を請け負う「輸入代行業務」であれば、
薬事法に基づく許可等が必要な業務には当たらず、また、医療機器として無承認の
商品を扱うことが可能です。

ただし、薬事法上の承認を得ていないカラーコンタクトレンズ(医療機器)について、
広告を行うことは禁止されています。
(薬事法第68条「承認前の医薬品等の広告の
禁止」)薬事法では、以下の3要件を全て満たす場合に、広告とみなされます。
—–
1.顧客を誘引する(顧客の購入意欲を昇進させる)意図が明確であること
2.特定医薬品等の商品名が明らかにされていること
3.一般人が認知できる状態であること

—-

従って、薬事法上の承認を得ていないカラーコンタクトレンズの個人輸入を行うサイトの
表記につては、薬事法における広告に該当しないよう注意し、あくまで「輸入代行
業務」としての表記とすることが必要です。

なお、特定商取引法上のサイトへの記載義務事項については、「有償役務の通信
販売」としての記載内容であり、物販の場合の記載とは異なりますので注意しま
しょう。

また、「輸入代行業務」といいながら、実質的には輸入を行うなど、医療機器等を薬事法に
基づく許可のないものが輸入する場合も薬事法に違反しますので、ご注意ください。

(※)
おしゃれ用カラーコンタクトレンズについて
(厚生労働省 医薬食品局 審査管理課 医療機器審査管理室)

「もっと詳しく知りたい!」「この表現はどう?」などご質問、ご相談のある方は、
個別に有償にてアドバイスいたします。
こちらまでお気軽にご相談ください。

————————————————————-
◆本ブログをメルマガでまとめ読み!
本ブログの1週間分の情報を、ダイジェストでお届けしています。(毎週金曜日配信)
登録はこちら
————————————————————-